『SolidityとEthereumによる実践スマートコントラクト開発』の開発環境構築

2022.1.2

SolidityとEthereumによる実践スマートコントラクト開発 ――Truffle Suiteを用いた開発の基礎からデプロイまで という本を買って進めてみたのでそのメモです。

こちらの動画も参考にしました。

【動画で学ぶブロックチェーン】Ethereumのスマートコントラクト開発入門 - 谷口耕平氏

OpenEthereumのインストール

本にはParityをインストールするように書いてありますが、MacOSでのインストールコマンドが動かないらしいので、Gethを使います。

インストールはここを参考にしました。Homebrewでインストールできました。

https://book.ethereum-jp.net/first_use/installing_geth

$ brew tap ethereum/ethereum
$ brew install ethereum

MetaMaskの設定

MetaMaskというイーサリアムのWalletを扱うためのツールです。公式サイトからChrome Extensionをインストールします。僕はOpen SeaでNFTを作ってみたときにWalletは作ったので、すでに持っていました。

テストネットワークのイーサリアムを取得します。以下のサイトからWalletのアドレスを入れて申し込むとしばらく経ってから入金されます。

https://faucet.ropsten.be/ https://faucet.dimensions.network/

テストネットワークはこちらのRopsten Test Networkを選びます。

image

5ETH入金されました。

image

Node.jsの設定

Nodeはすでにインストールしていました。バージョンはこれです。

$ node -v
v16.12.0

Truffleのインストール

Truffleとはイーサリアムのための開発環境です。アプリケーションのコンパイル、テスト、デプロイ、パッケージ化などを簡単なものにするツールです。

$ yarn add truffle

下記コマンドで初期化します。

$ npx truffle init

Ganacheのインストール

これはイーサリアムネットワークのモックサーバのようなものなのかな(?)あまりわかっていません。

ここからdmgをダウンロードしてインストールします。

https://trufflesuite.com/ganache/

© 2019-2022 kwst.site.