docker-composeで起動したMongoDBにサンプルデータを入れる

2021.08.14

docker上に起動したMongoDBにサンプルデータを挿入する手順です。

docker-compose.yml

こちらのDocker Hubのページにあるのでもってきます。mongo-expressはDBをブラウザで一覧表示できるツールです。

version: '3.5'

services:
  mongo:
    image: mongo
    restart: always
    environment:
      MONGO_INITDB_ROOT_USERNAME: root
      MONGO_INITDB_ROOT_PASSWORD: example
    ports:
      - 27017:27017
    volumes:
      - ./db:/data/db
      - ./configdb:/data/configdb

  mongo-express:
    image: mongo-express
    restart: always
    ports:
      - 8081:8081
    environment:
      ME_CONFIG_MONGODB_ADMINUSERNAME: root
      ME_CONFIG_MONGODB_ADMINPASSWORD: example
      ME_CONFIG_MONGODB_URL: mongodb://root:example@mongo:27017/

サンプルデータを挿入する

こちらの記事を参考にデータを挿入します。

こちらのAggregation with the Zip Code Data Setというページのzips.jsonをダウンロードします。

mongoimportが必要なのでMongoDB本体をインストールします。本体をインストールするとmongoimportもインストールされます。

MongoDBのインストール。mongodb-communityというのをインストールします。

$ brew tap mongodb/brew
$ brew install mongodb-community

zip.jsonを挿入するコマンドです。

$ mongoimport --port 27017 -u root -p example --authenticationDatabase=admin --db=sample --collection=zips --file=zips.json
2021-08-14T15:46:48.541+0900    connected to: mongodb://localhost:27017/
2021-08-14T15:46:49.161+0900    29353 document(s) imported successfully. 0 document(s) failed to import.

mongo-expressでもデータを確認できました。

http://0.0.0.0:8081/db/sample/zips

          2021 08 14 15 56 18

© 2019-2021 kwst.site.