React Native環境構築

May 17, 2019

前回の記事(React NativeアプリをFirebaseと連携させようとしたけど失敗した)で、firebaseを連携させるところで手詰まりになってしまったので、公式サイトのGetting StartedをみつつExpoを使わずに構築してみます。

一応、Expoを使って環境構築した記事はこちら Expoを使ったReact Native環境構築

インストール

前提として、XcodeとAndroid Studioのインストールは済んでいます。

一応nodeのバージョンは10.15.3です。

$ node -v
v10.15.3

react-native-cliをインストールします。

npm install -g react-native-cli

プロジェクトを作成します。

react-native init AwesomeProject

iOS

iOSで起動してみます。

cd AwesomeProject
react-native run-ios

起動できました!なんと簡単なのでしょうか。

1d414df2.png

Androind

次はAndroidで起動してみます。

$HOME/.bash_profileにSDKの設定を追加します。

export ANDROID_HOME=$HOME/Library/Android/sdk
export PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/emulator
export PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/tools
export PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/tools/bin
export PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/platform-tools

Android Studio上で仮想デバイスを準備する必要があります。今回はPizel 3 API Qを作成して試しました。

https://developer.android.com/studio/run/managing-avds.html

70c54328.png

emulatorを起動した状態で下記コマンドで起動。

react-native run-android

起動できました!

6cddcf63.png

この調子でFirebaseとの連携もうまくと行くことを願っています。